香りが美味しい、金時草

最終更新: 4月17日



産地:福井県福井市産

出荷時期(目安):夏~秋


きんじそう、と読みます。

沖縄からやってきた野菜で、栄養価たっぷりです。

地方によっては、水前寺菜とも読みます。沖縄や熊本などではよく生産されているようですが、そちらの場合はすごく紫の色が明るく濃い金時草となります。紫色のパンジーのような色をしています。光の量によって、より鮮やかになるのです。


福井の金時草は、写真のように色が暗いです。

福井の場合は、沖縄や熊本の気候と比べて、日照が少ないからです。

色だけでなく、クセも硬さも弱いので、よりあっさりと食べやすいという点もあります。

こういうクセの強い野菜を、クセがでないよう育てることができるということもまた、福井の良さであると言えます。


もともと金時草は、湯がいて使ったり、酢のものにしたりするのが定番メニューになりますが、福井の金時草の場合、こういう感じで生で食べられます。

香りがいいのでチーズとの相性がよく、ワインのお供として重宝します。

お酢とも相性がいいので、お酢を使ったドレッシングなどで食べたいですね。


夏の、香りが強い野菜を使ったメニューです。

金時草をはじめ、みょうがと、セロリの葉を使っています。

見た目もカラフルで、栄養も満点。

夏はクセの強い野菜を使いこなして、しっかり栄養をとっていきたいですね。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示