八百屋さんだけど、スピッツ「魚」の解説に挑戦してみる。~スピッツ歌詞解釈~



こんにちは。八百屋テクテクです。

今回は、スピッツの名曲「魚」について解説してみたいと思います。

毎度毎度、スピッツの曲を紹介する際に、「名曲の」っていう枕詞をつけていて、そんなに名曲を乱発していたら効果が薄くなってしまうんじゃないかって思っちゃうんですけど、でも事実として名曲なものはしょうがないです。名曲を名曲と言わずして、なんといえばいいんでしょう? そのぐらい、「魚」も名曲です。まぁ、このブログにたどり着いているアナタはすでに、実際、「魚」を聴いていると思うので、「魚」は名曲であるということについては、全然疑っていないでしょうけれども。


いやぁ、でも、私は八百屋さんなので、野菜のことについてはある程度自信があるのですが、こと魚に至っては、まったく自信がありません笑

魚の解釈は、魚屋さんに任せたほうがいいんじゃないかなと思ったんですけど、でもまぁ、八百屋さんは魚屋さんを横目に見ていて、ある程度はわかるんじゃないかということで、やってみることにしました。いやいや、確かに魚のことに関しては魚屋さんのほうが圧倒的な知識量がありますが、スピッツに関しては私もある程度はわかっているつもりなので……。

いざ、解釈にチャレンジです。



この「魚」という曲は、いったい何を歌った曲なのかということですが、私は「魚について歌った曲」だと解釈しました。

なんか意味の通じないことを言っちゃったかもしれませんが、まあ聞いてください。