ディノケールってどんな野菜?


産地:福井県福井市産


出荷時期(目安):11月~2月


ディノケールは、福井市が特産品にとPRしている野菜のひとつです。

ディノケールは、カーボロネロ、黒キャベツ、と様々な名前があります。以前はカーボロネロの名前で販売していたんですが、このたびディノケールと名前が変わりました。みなさんよろしくお願いいたします。


ディノケールの、ディノは、「恐竜」という意味です。

このケールの形状が、まるで恐竜の皮膚に似ていることから、その名前がつけられたそうです。福井と言えば恐竜王国というイメージが定着してきていますが、その恐竜にあやかってつけられたようです。


使い方としては、生でも食べらます。クセがなく、サラダに向きます。

が、少し繊維に歯ごたえがあるので、私は火を通す料理をおすすめしています。

さっと茹でてサンドイッチに、煮込んでシチューやカレーに。中華風の炒め物にも向きます。

黒キャベツ、と言われるだけに、キャベツと性質が非常に近いので、キャベツと同じような使い方ができるというわけなんですね。



このディノケールの最大の特徴は、栄養価にあります。

キャベツと近い、と申しましたが、私たちが普段食べているキャベツは、いわば脂肪の部分です。


画像はキャベツの写真ですが、キャベツって、外側に広がる黒々とした葉で光合成をおこない、内側の白い葉が脂肪の役割となって、甘みを蓄えて越冬するのです。外側の葉は、人間でいうなら内臓や筋肉の役割を果たしているんです。

この、外側の葉にあたるのが、ディノケールということなのです。

キャベツの外の葉は、確かに栄養たっぷりですが、ゴワゴワで、和紙のような味がします。

でもディノケールなら、栄養たっぷりで食べやすいです。



いっぺん食べてみねの~!

福井の高校生がデザインした絵だそうです。

砂丘地でとれた栄養満点のディノケール、ぜひどうぞ!


販売期間中は八百屋テクテクのオンラインショップか、Yahoo!でも販売してます。

閲覧数:64回