なぜスピッツの「プール」はすごい曲なのか~スピッツ歌詞解釈~

更新日:2021年12月19日





「プール」はアルバム「名前をつけてやる」に収録されている曲です。

早いテンポで気分を盛り上げてくれる「ミーコとギター」と、後半の支柱ともいうべき「胸に咲いた黄色い花」の間に挟まれていて、ざっと聴いた感じでは、箸休め的なポジションの曲となっています。

私が、はじめて聴いたぐらいの時には、ふーん、で終わっていた曲だと思います。



ところが、実はこのプール、聴けば聴くほど存在感が大きくなってくる、化け物みたいな曲なのです。