スピッツ「初夏の日」とは、君の命日だった説。~スピッツ歌詞解釈~

更新日:2021年12月26日



こんにちは。八百屋テクテクです。

今回は、スピッツの名曲「初夏の日」について解読していきたいと思います。


「初夏の日」は、とてもいい曲ですよね。遠い夏の暑い日を懐かしむような、そんな曲だと思います。

でも、この歌詞の意味については、よくわからない、という感想がほとんどなのではないのでしょうか。

私も、よく意味を考えないで、「あ~初夏の日すんごいいいね~」とか言ってた人間です笑

まあ正直ね、スピッツの曲の意味なんて、深く考えなくても全然問題ないんですよ。スピッツの曲は、スピッツが作ったというだけで、不思議な魅力があるからです。とても心にしみてくる、心地よさがあります。あれこれ考えて「これはこういう曲なのだ」と定義してしまうほうが、野暮ってものかもしれません。


でも、野暮と知りながらも探求してしまうのが、スピッツの曲の奥深さかもしれません。

スピッツの曲は私に対して、「ほれほれ、探求したいだろ? やってみるがいい」と誘ってくるわけです。そして、一度探り出したら、その奥深さに本当に魅了されます。やめられなくなっちゃうんです。いや~すごいですね。


と、前置きはこのぐらいにしまして。この初夏の日ですが、これは弔いの曲だと思います。

ざっくり言ってしまうと、知人(恋人?)の命日である初夏の日に、僕がひとりで京都に旅行にきて、お墓の前で手を合わせている。という曲なのだと思います。