ぬか漬けの可能性を考える



みなさんは、新米食べましたか??

福井県では、コシヒカリや、いちほまれ等、美味しいお米の新米が出回っています。

普通は精米されたものを購入すると思うんですけど、稲作農家さんは、自分の小屋に精米機があり、そこで精米します。精米って何? って顔をしていますね?


精米とは、玄米から糠(ぬか)を除去することをいいます。

そして、精米したお米のことを、白米といいます。


そもそもお米は、稲の状態では、もみ殻という硬い殻がついています。

それを除去したお米を、玄米といいます。

ただ、この玄米は、色が黒く、たべにくい状態です。消化にも悪いです。

その、消化に悪い部分(ぬか)をそぎ落とすと、やっと白い部分がでてきます。普段食べているお米は、この白い部分なんですね。



とはいえ。

一般的な果実は、皮に栄養があり、中心部にいくほど甘い糖質で構成させています。

お米も同じで、ぬかの部分にこそ栄養がたっぷりあって、お米の部分は糖質です。

もし、お米の栄養をまるごととりたい、という場合は、白米ではなく、玄米を食べる、というのが、ひとつの方法なわけです。



でも、玄米おいしくない…。

そういう声があることも、わかります。

ぼそぼそしているし、匂いもあるし、消化にも悪いです。

玄米が美味しくないからこそ、精米という方法でお米を食べだしたわけですから。



お米を美味しく食べたい。

でも、ぬかの栄養素もとりたい。

そんな方法ないかしら…??



へっへっへ。奥さん!ありますよ。

人類の英知は、その二つを同時に叶える方法を編み出していたんです。

それが、ぬか漬けです。




ぬか漬けは、野菜に、ぬかの栄養素を移す調理方法なんです。

とくに、きゅうり、ナスといった野菜は、水分ばかりで栄養が少ないことで有名ですが、ぬかと合わさることで、ビタミン、ミネラルといった栄養が補充されてたっぷりになるわけです。

しかも、美味しい!

これは、画期的ですね~!



今回は、この栄養たっぷりのぬか漬けを、美味しく食べたい。

美味しいぬか漬けを追求したい、という話です。



さきほど、ちらっと触れましたが、稲作農家さんは玄米の状態でお米を保存していて、お米を食べる際に精米して食べます。

お米は、賞味期限があります。だいたい、精米して2週間程度です。

精米してから2週間が過ぎると、中の水分が少なくなって、味が落ちます。

なので、2週間で食べきれる量だけ、精米するのです。



ぬかにも、賞味期限があります。

精米してすぐのぬかは、とてもいい香りがします。美味しい玄米の香りです。

これが、時間が経つと、埃っぽい匂いというか、古い小屋みたいな、藁みたいな匂いになります。

ぬか漬けの匂いが嫌いなひとは、たぶん店売りのものを指して言っているのだと思いますけれども、ぬか漬けの嫌な臭いは3種類あって、「化学調味料の匂い」「ぬか自体の古さの匂い」「漬物特有のすっぱい匂い」のどれかだと思うんです。

香りのいい、自前の新しいぬかを使えば、このうち「化学調味料の匂い」「ぬか自体の古さの匂い」を防ぐことができます。

もし、美味しいぬか漬けを極めたいという、凝りな方がいましたら、玄米を買って精米をするか、稲作農家さんに知り合いがいたら、精米したてのぬかを分けてもらいましょう。



私はライトユーザーなので、パッキンタイプの、既成のぬか床を使います笑

そしてぬか補充の際は、新しいぬかを補充する、といった形にしています。

一から乳酸菌や酵母菌などを育てるのもなかなか手間ですし、塩分の調整も難しいですから。

既製品なら最初から全部調整されています。スタートダッシュで失敗せずにすみます。

ぬかが少なくなってきたか、野菜の水分でぬかがユルユルになってきたな、というタイミングで、新しいぬかを投入してやると、スムーズに美味しいぬか床を作ることができます。




ぬか床が用意出来たら、あとは野菜ですね。

基本的にはなんでもいいんですけど、個人的には黒瓜をおすすめしたいです。

黒瓜は、漬物のために存在しているといっても過言ではない、最高に漬物に向いた野菜です。

中の果肉の部分はよくぬかを吸い、外側の皮は歯ごたえパリッパリです。

それだけではなく、ちゃんと黒瓜の風味も残っています。

きゅうりは、味がそんなにないので、ぬか漬けにしたらほぼぬか漬けの味になりますし、ナスをぬか漬けにすると、今度はナスの主張がより強くなると思うんですけど、黒瓜はその点バランスが非常にいいんですよね。ちゃんとぬかの風味も、ウリの風味もします。



もちろん、好きな野菜でぬか漬けを楽しむのが一番いいんですけどね笑

あと、なまじ時期外れのウリよりも、新鮮なキュウリのほうがよっぽど美味しい、ということも付け加えておきます。品目<鮮度 です! これは絶対です笑





ぬか漬け栄養部門があるとしたら、これが一番栄養があると思います。

ブロッコリーの芯の漬物です。

もともと栄養がある野菜に、さらにぬかの栄養を盛り込んだ、スーパーフードとなっております。

新鮮な生のブロッコリーの芯をぬか漬けにしてみたんですけど、臭みもなく、めっちゃ美味しかったです。

ブロッコリーは鮮度劣化で臭みがでてきますので、臭い場合は一旦ボイルし、冷ましてから漬けるといいと思います。

もっとも、栄養価を気にするなら、新鮮であればあるほどいいんですけどね。



いかがでしょうか。

今回はぬか漬けの可能性について触れてみました。

いつものぬか漬けを、もっと美味しくできるようなヒントはありましたでしょうか。

なにか参考になるものがあれば幸いです!





8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示