野菜とは、生命力だ!!


野菜はみなさん、食べるだけだと思っていませんか?

そりゃ食べるために育てられたものですから、

食べるのが正解なのですが、



でも、野菜にずっと関わっていると

野菜に愛らしさを感じてしまうのです。

ぜひ、この八百屋さん特有(であろう)感覚を

みなさんにも感じてもらいたいなと。




というわけで、いってきました。

福井市にある田んぼです。






いい天気ですね。





でも、まだ春になりきれていない季節です。

午前10時。寒いです。







こちらは、白菜の花です。

白菜は、アブラナ科の植物です。

冬に収穫する予定だったものを放置していたら、こうなりました。

白菜の芯がぐーっと伸びてきて、こんなふうに花を咲かせるのです。





こちらも、同じくアブラナ科の植物です。

何かわかりますか?

そうですね。ブロッコリーです。




植物であるからには、

子孫を残すために、花を咲かせ、タネを作ります。

でも、白菜やブロッコリーなど、野菜のほとんどは、

花やタネが作られる前に、収穫してしまいます。

私たちは、若い植物の、花やタネを作る前の、

生命力が溢れた状態のものをいただいているのです。




普段何気なく食べている野菜でも、

こういう事情を調べてみると、

なにか愛着のようなものを感じませんか?




ぜひ、野菜の生命力に感謝して、

鮮度のいい、美味しいうちに、美味しく食べてくださいね!



18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示