〒919-0465 福井県坂井市春江町江留上新町3 ホープテラスA

TEL / 090-8261-9505

Open 10:00 - Close 19:00

・店舗は毎週土曜日、日曜日のみ営業(臨時休業有り)

・駐車場あり

・オンラインショップは24時間受付。

(大型連休は物流の都合上、配送までに時間がかかる場合があります)

© 2019 八百屋テクテク All rights reserved.

諸君!私はスピッツが好きだ!その2



スピッツは、青春まっただ中の青少年の感性と

非常に相性がよかった、という話なんですけど。



スピッツがロビンソンでブレイクした時、

私は中学生でした。



その当時流行していたのは、





絶え間なく注ぐ愛の名を永遠と呼ぶ、GLAY


あるがままの心で生きられぬ弱さを誰かのせいに過ごしている、 Mr.Children


いらない何も捨ててしまおう、と我慢できずにラブファントムを彷徨わせる、B’z


負けないでもう少し最後まで走り抜けて、とマラソンの応援をするZARD


友情よりも愛情、と豪語して、飲み会で出会った友達の友達の年齢職業趣味を根掘り葉掘り聞きだす、ロマンスの神様広瀬香美


夢なんて見るもんじゃない叶うもんじゃない叶えるものだから、というストイックな精神論を掲げ社会現象を生み出した安室奈美恵


君が笑ってくれるならぼくは悪にでもなる、同情するなら金をくれ、中島みゆき





などです。



激動の時代を反映してか、歌詞も激動でした。

基本的には、歌詞の中に扉があれば必ず叩いたり開けたりし、

壁があれば必ずぶち破ったり乗り越えなければなりませんでした。

自分の人生を、自分で動いて、自分が頑張って、自分が乗り越えて、自分で解決する。

そのための膨大なエネルギーを、アーティストたちは私たちに提供してくれていたのです。

愛についても同じです。

この時代の愛というのは基本激しいもので、奪ったり奪われたりするという前提がありました。

「欲しい女」がいれば全力で奪取しにいかなければならないものでしたし、

奪われたものを奪い返さないのは、恥ずかしいとされていました。

アーティストたちは、こういう背景のものを曲にしていたのだと思います。




そういう意味では、今の時代に合わない曲も

あるのかもしれません。

いや、時代に合わなくなったからといって、

この曲たちの評価が色あせることは決してありません。

むしろ、芸術というのは、古くなったからこそ輝くという、性質があります。

絵画や骨董品も同じですね。

それに私は上記のアーティストたちは、今でも好きで、たまに聴いています。

むしろ、聞きなれたスピッツより、新鮮で刺激的に聞こえます笑




しかしながら。

当時中学生だった私。

流行している激しい愛の曲たちに、なんとなく違和感を覚えていました。

サイズが合わない服を、無理やり着させられている感じです。

当然といえば当然ですよね。

中学生では、まだこの大人の雰囲気が悟れるはずもありません。

絶え間なく注ぐ愛がどのようなものであるかもわからないし、

あるがままの心で生きられないという深刻な状況に陥ったこともないですし、

ましてや、飲み会で出会った友人の友人を口説くなんて状況もありえませんでした。



そこに現れたのが、スピッツです。



君と出会った奇跡がこの胸に溢れていて、空も飛べちゃう

「愛してる」の響きだけで強くなれる気がしちゃう

幻よ醒めないで、と柔らかい日々にいつまでも浸っていたいと思っちゃう

ありのまますべてぶつけても君は微笑むかなぁ、と不安になっちゃう



と、スピッツは、心の動きのみを表した曲が多いのです。

それも、よく曲のテーマになりがちな、強い願望や欲求ではありません。

別にすべてを手に入れたいと願っているわけでもないし、

こうあるべきだ、とも示していません。

恋の曲ばかりを作っているのに、

君と暮らしたいとか結婚したいとか、そういうことすら言いません。

なので、何かをすることを急かしたり、

壁やドアを叩いたりぶち破ったりしよう、なんてことは言いません。

目の前の「君」に対する、自分の現在の心の動きのみを表現しているのです。




これは、いいですね。

恋とか愛とか、よくわからない世代にとって、

それを教えてくれるようです。

私はそれを、スピッツで学びました。

なので、心の動きとか、心を表現するのに、

よくスピッツの歌詞を参考にしています。

国語の問題とか、読書感想文などで利用させてもらった覚えがあります。

感想文の出来はさておき、

表現の幅が広がったことは、とても幸福なことだと思っています。



また、何かを強制したり、要求したりしないという姿勢も、

スピッツから学んだと思っています。




スピッツは、目の前の壁を破らない。

それが短所でもあり、また最大の長所でもあるわけです。

そうした姿勢が、中学生だった私の心を惹きつけていたし、

現在でも、多くの若い世代のファンが増え続けている理由でもあります。

彼らの心もまた、惹きつけているのです。




優しくなれないときも

優しくされないときも

隠れた空は青いだろう

今のまま


あの頃は初恋クレイジーばっかり聴いてました


42回の閲覧