紫式部、紅式部、青式部~テクテク漫遊記~

みなさん紫式部を知っていますか。

そうですね。源氏物語の作者です。

子供の頃は、清少納言とごっちゃになって、受験勉強の頭痛の種になっていました。



紫式部は京都の人でしたが、

生涯に一度だけ、京を離れたことがあるそうです。

それが福井県の武生。今の越前市です。





越前市にある、紫式部公園です。

街の中にあるので、ちょっと見落としてしまうかもしれません。

でも中はとてもきれいなので、ぜひ見つけてみてくださいね。






藤の花もありました。

とても綺麗ですね。







人工物と自然が楽しめます。






越前市を流れる、日野川です。

農産物の生産がさかんで、きゅうり、なす、トマトなど、さまざまな野菜を育てています。

特にきゅうりを「緑しきぶ」、なすを「紫しきぶ」、トマトを「紅しきぶ」と命名し、特産化に取り組んでいます。



このように、越前市は町おこしとして、紫式部を推しています。

彼女自身は人生の大半を京都で過ごしたそうですが、

ここまで頼られると、悪い気はしていないでしょう。

来世で源氏物語の続きを書いていて、もしかすると越前市が舞台になっているかもしれませんね。



こういう取り組みすごく面白いので、今後も発見次第、紹介していきたいですね!


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示