死んでいる土地を生き返らせてみよう




死んでいる土地ってなんですか?って思いましたか?

死ぬのは生命のあるものだけですよね。

でも農家さんや園芸をやっている人とかは、よく、土地が死んでいるという表現を使います。

その土地で草花を生やそうと思っても、生えないという意味です。

では、死んでいる土地とは、どういう土地のことを指すのでしょう?

なぜ、そこでは草花は生えないのでしょう?



植物がいきていくためには、根っこが必要です。

根っこから水とか養分を吸収しています。

よく、シナシナになったほうれん草とかきゅうりを冷たい水につけて「再生じゃ~!」とかやっている人もいますが、あれは間違いです。葉や実は水を吸収しません。水を吸収するのは、根だけです。

その根を生やすためには、フカフカの柔らかい土が必要です。

この写真のような、いかにも硬そうな土では、根っこが伸びていかないのです。

実際、この写真では雑草もまばらにしか生えていません。



また、ここまで放置した土地は、強酸性になっています。

日本の場合、雨が酸性ですので、何もせずにいると、土地がどんどん酸性に傾いていってしまうんですね。

なので、普通は畑に貝殻や石灰をまいて中和しています。

強酸性のままでは、たとえ土が柔らかくなったとしても、やはり植物は育ちません。






バーク堆肥です。

発酵した腐葉土で、この腐葉土をエサに微生物が繁殖することで、土地がフワフワになる仕組みです。これを土に混ぜ込んでいきます。





岩石をある程度取り除いた土に、バーク堆肥をまぜませ。

実は、ここまでするのにすんごい時間かかっています。

土は堅いし、岩石多いしで、なかなか作業がすすみませんでした。

いやぁ~大変ですね。




混ぜた後の土地です。

掘り起こしただけなのでフカフカそうに見えますが、実際はまだフカフカな土地にはなっていません。たぶん雨が降れば、またカチカチになってしまいます。

これから2週間ほどかけて微生物を増やしていきます。



農業って、理科なんですね。


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示