新学期の自己紹介でスピッツをPRしすぎないほうがいいという話


中学のころというのは、

周りにスピッツが好きな子がたくさんいまして。



んで、中学の卒業が近くなった時、

「自己紹介カード」みたいなのを

女子から渡されたことがありました。



卒業して離れ離れになるのに、

今更どうして自分を紹介せねばならんのだ、

とは、ちょっとは思いましたけれど、

女子から何かをお願いされることはもちろん、

話しかけれられることも、これまでなかったので、

お願いされればホイホイと

喜んでお付き合いさせていただきました。



そこに書くのは、名前や出身など

基本的なことだけではなく、

好きな色、食べ物、趣味などなど……。

私は、当時スピッツにハマっていたこともあり、

名前以外をすべてスピッツの曲名にしてやったのです。



好きな食べ物 →クリスピー

座右の銘   →空も飛べるはず

憧れの人   →バニーガール

宝物     →惑星のかけら



などなど。



最後に、好きなアーティストの欄をミスターチルドレンにして

その子に提出しました。



幸運なことに、その子はスピッツの大ファンでして、

私が書いた内容をちゃんと理解してくれて、

大爆笑してくれたのです。

なんていい子なんだ、と私も感動しました。

それ以前はほとんど話もしたことがなかったくせに、

中学で別れるのが寂しくなっちゃうぐらいでした。

その子が、別の女子たちに



「ねえねえ、テクテク君って、

将来バニーガールになりたいんだって。変態だよね~!」



と、とんでもない話をしはじめたので、



「君もスピッツファンなら、どういう意図かはわかるやろ?!?!」



という一幕もあったりしたのですが、

基本的には、仲良くお別れすることができたと思います。

(それ以来十数年、音沙汰ないけど……)







この出来事に味をしめた私は、

高校の入学時にも、それをやっちゃいました。

今度の自己紹介カードは、上記のような個人的なものではなく、

クラスのみんなと仲良くなりましょう的な感じで、

担任の主導で、クラス単位で配布され、回収して、

全員分のカードをまとめたものを再配布するという内容だったのです。



私は、中学の時のあの子の大爆笑を思い浮かべて、ウキウキしながら、

カードにスピッツの曲のタイトルを書き込んでいきました。



(これがクラス中に広まれば、大爆笑間違いなし、

そして私は、一躍クラスの人気者……ふっふっふ……)



そう、思いこんでいたのです。



こうして「スピッツの曲」が

めいいっぱい書き込まれたカードが回収されていきました。

再配布が終わり、クラスの子たちは、一斉にカードを見始めました。

だいたい女子は女子のカードを見て、

男子は男子のものを見ます。

みんな、隣の席とか、近場に座っているひとと盛り上がっています。


「なんかすっごい面白いカードがあるぞ!」


って誰かが言い出すのを、私は息をひそめて、

今か今かと待っていました。



やがてこの教室は、爆笑の渦に巻き込まれる。

その中心にいるのは、この私。

私とスピッツは、こうして鮮烈な高校デビューを飾ったのだった……。


私のその日の日記には、そう書かれるはずでした。




ところが、

その日は、誰にも触れられることなく、終わってしまったのです。



(えっ、なんで???)


と思いながら、私はクラスのみんなのカードを再チェックしました。



(もしかすると、私より面白いカードがあったのか!?!?

だから私のは目立たなかったのか?! もっと面白くなきゃダメだったのか!??!?!)



などと思ったりもしました。






そうですね。もうお分かりですね。

高校では、スピッツを聴きこんでいる人がいなかったのです。

ロビンソンやチェリーは知っていても、

バニーガールや不死身のビーナス、

トンビ飛べなかった、魔女旅に出るなど、

そういうのは誰一人として知りませんでした。




しかし、そういう状況なのだと、私は悟ることができませんでした。

スピッツを知らないひとがこんなにいるなんて、信じられない!

だって、スピッツなんだぞ?!?!?

世界スピッツ化計画は、いったいどうしたんだ?!?!?!

私はなおも、原因はスピッツの知名度とは考えず、

あくまで私のPRが足りないせいだと思い込んでいました。

なので、私はその後も一生懸命、自己紹介を続けたのです。



「出身かい? 多摩川だよ」



「好きな食べ物は、うめぼし」



「好きなタイプは、ナナとマリとミーコ」



「将来は、日なたの窓がある、プール付きのアパートにすんで、鈴虫を飼って、日曜日にはオーバードライブするんだ。まあ、五千光年の夢だけどね」



「でも好きなアーティストは、ミスチルだけどね。あっ、ここ、笑うところだけどね」




周りの反応は、当然、乾いた愛想笑いです。

だって、まるで意味がわからないですからね。





こうして、私の高校生活は、「スピッツが好きなやべー奴」という印象で始まり、

同時に、給食を一人で食べる生活がはじまったと、いうわけなのです。



今年の春ご入学、ご就職のみなさま、まことにおめでとうございます。

これからの生活、実のりあるものになるよう、お祈り申し上げます。


0回の閲覧

〒919-0465 福井県坂井市春江町江留上新町3 ホープテラスA

TEL / 090-8261-9505

mail / yaoyatekuteku@gmail.com

Open 10:00 - Close 19:00

・店舗は毎週土曜日、日曜日のみ営業(臨時休業有り)

・駐車場あり

・オンラインショップは24時間受付。

(大型連休は物流の都合上、配送までに時間がかかる場合があります)

© 2019 八百屋テクテク All rights reserved.