完全に自炊しなくてもいいんです



「自炊しているひとはえらいね」みたいな風潮、少し前までありました。

これ、「えらいね」で済んでいれば、別にそれほど問題でもなかったんですけど、でもこの「自炊はえらいね」が「自炊してないひとはダメだね」に変わってしまったとき、自炊という言葉が猛毒となって私たちを襲ってくるわけなんですね。



「自炊はえらい」は、イコール「自炊してないひとはダメ」とはなりません。

この時代、「えらい」はともかく、「ダメ」は、価値観としては古いということを、八百屋さんとしての立場から、申し上げなくてはいけないなと思いまして、このブログを書いています。



もちろん、自炊しているひとは立派だと思います。がんばっているなと思います。応援したくなります。

自分で作ったものを食べるのが、なんだかんだで一番美味しいと思うんですよね。特に毎日食べるものですから。食べたいモノを、食べたいようにして食べる。これができるのは、自炊ならではだと思います。

でも、実は、もっと別の手段もありうるということもまた、申し上げておきたいなと。

別の手段を取り入れることで、臨機応変な食事をとることができ、忙しい時間を有効活用できたりすることもあるでしょうし、「自炊」という言葉に囚われてしまい、身動きがとれなくなっている人にとっても、助けになるかもしれません。



まず上の写真は、八百屋テクテクさんちの、お刺身定食と、カキフライ定食です。

その一番のメインとなるお刺身とカキフライは、スーパーの総菜コーナーで買ってきました。

「えっ、スーパーのお惣菜なんて、手抜きじゃないの?」って思いましたか?確かに、そういう側面もあるでしょう。他人には手抜きだなんてクチが裂けても言わない人でも、自分がスーパーのお惣菜で済まそうとすると、罪悪感を覚える人がいると思います。



こう考えてはどうでしょう。

まず、スーパーの揚げ物は、健康面において、かなり優秀です。

揚げ物に使う油って、家庭ではどう処理しているでしょう? 揚げた後大量に残った、食用油。もったいないの精神で、濾して別の日に炒め物とかに使ったり、また別の機会に揚げ物をする用にとっておく、なんてことしていませんか?

その油、酸化しています。

食用油は製造された直後から徐々に酸化していくものですが、一度熱すると、酸化が進行します。酸化した油は、人体に悪影響があります。ガンの原因となることもあります。

脂質って、タンパク質や糖質と同じく、人間の3大栄養素のひとつで、なくてはならないものです。タンパク質や糖質を気にすることはあっても、良質な脂質であるかどうかを気にしているひとは、まだまだ少ないように思います。

スーパーで使われている油は、定期的に交換がされています。1日1回は最低限。企業によっては、朝晩の2回など、油の交換を頻繁に行うところもあります。それだけ気を配っている分野なのです。

さらに油の品質にも気を配っています。昔は業務用の油といえば、食用に適さないものを使っていたところもあったようです。そういうものほど油の切りが悪く、匂いも悪く、まずい、と、スーパーの揚げ物の信用を落としていました。

でも今は、食用にかなった、高品質なものを使っています。昔と比べて、ぐんと味がよくなっていると思います。もちろん値段も高くなってはいるのですが、安全を買うという意味では、必要なコストだったのでしょう。



このように、スーパーの揚げ物は、決められた基準を守り、運用されているのです。

そう考えると、自分で油を管理して揚げ物をするのと同等か、上等なものを買うことができるということになりませんか。



お刺身にしてもそうですね。自分で買ってきて捌くのと、プロに捌いてもらうのと、どちらが安全でしょうか。魚の鱗や内臓に寄生する寄生虫や病原菌などの存在を考慮すると、プロのほうが安全かもしれません。



なんでも自分でやるというのは、安全面においても、品質面においても、非効率な時代になってきたのかもしれません。

それだけ多くのスーパーがあり、スーパーの中には食の専門家が在中しています。その分野においては、私たちの知らないことを、山ほど知っている人たちです。この専門家の手を借りて、食事を豊かにすることもまた、生活の知恵というものでしょう。



この、お惣菜たちを、新鮮な野菜で飾ってあげましょう。

野菜ばかりは、鮮度の問題がありますので、いまだ家庭で調理したほうが圧倒的に美味しいです。切ったばかりのレタスと、3時間前に切ったレタスでは、差がでてしまいますからね。



そうして出来上がったのが、上のお刺身定食と、カキフライ定食なんですけど、どうでしょうか。お刺身もカキフライも300円ぐらいです。それと野菜、炊き立てゴハンをプラスすれば、1,000円分ぐらいの満足感になると思います。

全部計算づく、というわけにはいきませんが、お惣菜とうまく掛け合わせることで、安全で早くて、節約にもなります。



こういうやり方も、もっと当たり前のように浸透していくといいですね。






番外編です。

チルドピザに、ズッキーニとチーズ、シャウエッセンを追加したものと、

レトルトのミートソースにミディトマトを追加したものです。

チルドやレトルトでも、野菜を加えることで、それなりに美味しくなります。

生活にあわせて、上手に野菜をとっていけるといいですね。




閲覧数:26回