マグロビンソン/肉のすべて


新しい漁船は 何故か9人乗りで

オホーツクを漁船で 走る魚追いかけた

思い出の大網と 大げさな釣竿を

疲れた肩にぶら下げて しかめっ面楽しそうに


同じ魚同じトロ 思わず口にするような

ありふれたこの魚で作り上げたよ


誰も触れないマグロだけの船 釣竿を離さぬように

大きな力で マグロ釣ったなら ルララ釧路で高く売る


片隅に捨てられて 呼吸もやめない魚

どこか似ている 釣りあげて 無理やりに凍らせるよ

いつもの航海点で見かけた丸いブイは

薄汚れてる ギリギリの メカジキもぼくを見てた


待ち伏せた沖のほとり 驚いた君はマグロ

そしてぼくら今ここで 釣りをしちゃうよ


誰も触れないマグロだけの船 終わらない餌ばらまいて

大きな力で マグロ釣ったなら ルララ釧路で高く売る


大きな力で マグロ釣ったなら ルララ釧路で高く売る

ルララ釧路で高く売る







燃えるようなハンバーグ 薄い鍋を焦がす これが肉のすべて


歩き疲れてへたり込んだら崖っぷち

微笑むように赤いお肉が売っていた

あばらの骨に挟んだものは 隠さなくてもいいと

皮の真ん中 光る刃物が 撫で切るようにはじけてる


燃えるようなハンバーグ 薄い鍋を焦がす

そして今日も食べる 牛脂を背に受けて


俺の前世はたぶん肉屋かアメリカ人

手繰り寄せれば ドイツも似たような肉ばかり

でかいボールのあちらこちらに刻み込まれたパン粉

ちょいかけた塩 練りすぎるほど 美味しいタネを作ったら


燃えるようなハンバーグ 足の指も騒ぐ

マックよりも厚く 淡いタレをつけて


何にも知らないお肉を 仕入れるために岐阜に行く

それだけでお肉の汁が 溶けて流れてく



燃えるようなハンバーグ 薄い鍋を焦がす

そして今日も食べる 牛脂を背に受けて


山のようなジャンクフーズ ポテト揚げて食べる

残り物で作る これが肉のすべて

29回の閲覧0件のコメント