トマトは外国の野菜??


★トマトとピーマン

★たけのこ2倍筍ごはん

★焼き鳥塩・タレ

★ビール



トマトは、英語でtomatoと書きます。

和名は小金瓜です。

和名もあるのに、英名が一般的なものって、野菜では結構あります。キャベツ(玉菜)とか、レタス(乳菜)とか。

日本でも広く浸透した野菜なんですけれども、英名が一般名称だと、どうしても「和の料理に合わせづらい」と思ってしまうのは、私だけでしょうか??

いや私も最近では、八百屋さんになって以降は、そういう偏見をとっぱらっているつもりではいるんですけど、でも、そう考えているかたも結構おおいのではと思います。


まあ確かに、トマトを味噌汁の中に入れたりは、なかなかしませんよね。

トマトのぬか漬けも、あまり見かけません。


でも、キャベツの漬物なら見かけます。キャベツの味噌汁もです。

レタスとトマトのサラダを、和風ドレッシングで食べるなんて、当たり前です。

焼き鳥に生のピーマンが、最高によく合います。

このように、洋の野菜に和風な調理を施してみて、いい感じなら採用してきました。

こういう積み重ねが、私たちの食文化を豊かにしてきたのだと思います。



★茹でブロッコリー

★豆腐と玉ねぎの味噌汁

★合鴨パストラミのサラダ

★ワイン


濃い味付けの合鴨パストラミを、レタストマトと一緒に。




★トマトと納豆の和え物

★かぶとわかめの味噌汁

★厚揚げとスナップえんどうのそぼろ煮



実は、トマトと納豆の相性もなかなかです。味付けは、普通に納豆のタレで。ゴハンにかけて美味しいですよ~!

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示