らっきょうを漬けてみた。



こんにちは、八百屋テクテクです。

今回は、らっきょうを漬けてみました。

かなり美味しく簡単にできたので、みなさんに共有してみたいなと。

毎年漬ける人がどんどん減ってきていて、そのために生産している農家さんも減ってきています。

八百屋さんとしても、美味しいラッキョウを広めることで、みんなに作ってもらって、農家さんにもバンバン作ってもらえたらなと。

この3瓶で、1キロ分です。なかなか多いですけれど、美味しいのですぐなくなります笑



福井県福井市産の、土付きラッキョウです。

三里浜という砂地で生産している、特産品です。

実は私も福井に生まれてやがて40年にもなるんですけど、特産であるラッキョウを漬けたことがありませんでした。

いやぁ、実は、八百屋さんでも、なかなか手を出さない分野だと思います。どうやって漬けるのか、知らないまま販売しているわけです。

もっとも、土付きラッキョウを販売することは、年によってはあったりなかったりするぐらいの流通量なので、なかなか本腰をいれて取り組むのも難しい品なんですよね。

「漬けたこともない人が販売しているの?」っていう気持ちもわかりますし、「だって手に入らないんだもん」っていう気持ちもわかります。

そんな状況に、ピリオドを打ちたいと思います。

農家さんにお願いして、とてもいいラッキョウを仕入れてきました。



水の中でサワサワするだけで、外の皮が外れます。

その後、上と下の芽と根を包丁で切り落とします。

細かいので、とても時間がかかりました。1キロでも大量に感じました。

あっ、手に傷がある場合は、ちゃんと保護してやったほうがいいです。ラッキョウの成分が傷にめっちゃ沁みます。だけでなく、ラッキョウに雑菌が入ってしまいますからね。



しっかり洗った後、しっかり、水気をとっていきましょう。



らっきょう1キロに対して、

★唐辛子3本(1瓶につき1本)

★酢300ml

★砂糖200g

★塩60g

★みりん60ml

を使いました。全部混ぜて、漬けるだけ。



バーン

冷蔵庫で保存し、3日ほどで食べられます。

1年以内に食べきっちゃいましょう。



普通に食べてもいいですし、タルタルソースを作っても美味しかったです。

めっちゃ簡単に、めっちゃ美味しいタルタルソースができました。



チキン南蛮に、たっぷりかけて食べました。



瓶に入りきらなかったラッキョウは、焼いてそのまま食べても美味しかったです。

焼きラッキョウに使う場合は、あんまり太いやつだと火が入らずに辛いので、細いやつを使いましょう。

素敵なラッキョウライフ、楽しんでいきたいですね!

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示