〒919-0465 福井県坂井市春江町江留上新町3 ホープテラスA

TEL / 090-8261-9505

Open 10:00 - Close 19:00

・店舗は毎週土曜日、日曜日のみ営業(臨時休業有り)

・駐車場あり

・オンラインショップは24時間受付。

(大型連休は物流の都合上、配送までに時間がかかる場合があります)

© 2019 八百屋テクテク All rights reserved.

ピーマン

~苦味はうまみだ! いろんな料理の名脇役~

青ピーマンと赤ピーマン

ピーマンの先祖は唐辛子です。中南米が原産で、コロンブスが持ち帰ったものを品種改良して、出来上がったとされています。 唐辛子が先祖なことで想像できると思いますが、ピーマンは完熟すると赤くなります。 普段食べているピーマンは、未熟な状態で食べているんですね。 実は、赤くなってから食べるピーマンは、とても美味しいんです。 甘みもありますし、栄養価も青い状態と比べて高くなっております。 では、なぜ青い状態で食べるようになったのでしょう。 ひとつは、栽培上の理由です。ピーマンは青い実ができてから、赤くなるまでの時間がすごく長いのです。 ですから、赤くなってから収穫したのでは、手間がかかり、たくさん生産することができません。またコストがかかります。 なので、「もう食べられるし、いいじゃん」ということで、青いピーマンが流通しているんですね。 もう一つの理由として、青いピーマンの苦味が美味しいから、というのがあります。 ピーマンに求められている役割というのは、むしろ、苦味であると言えます。 ピーマンの苦味が、いろんな食材と合わさったとき、味の深みとして生きるのです。 ピーマンは、苦味が主軸であるという特性上、単体では主役にはなれません。 ですが、いろんな料理において、苦味という、重要な役割を果たしてくれるのです。 まさに、名脇役、というポジションが、ピーマンには似合っているのです。

いろんな場面に使えます!

また、なすやきゅうりとは違って、ピーマンは未熟な果菜でありながらも、栄養価は豊富です。 ビタミンCの含有量はトマトの4倍ほどもあります。その他、カロテン、ビタミンE、カリウムなどが豊富です。 パンにはさんだりサラダにしたり、炒め物やスープの具など、いろんなお料理にお使いくださいね。

見分け方や食べ方など

ピーマンには横切りと縦切りがあります。縦切りにすると栄養価が逃げにくいので、炒め物など加工調理する場合は縦切りがいいでしょう。横切りは栄養が逃げやすいので、サラダやパンにはさむなど、生食の時にとうぞ。