〒919-0465 福井県坂井市春江町江留上新町3 ホープテラスA

TEL / 090-8261-9505

Open 10:00 - Close 19:00

・店舗は毎週土曜日、日曜日のみ営業(臨時休業有り)

・駐車場あり

・オンラインショップは24時間受付。

(大型連休は物流の都合上、配送までに時間がかかる場合があります)

© 2019 八百屋テクテク All rights reserved.

かぶ

~鮮度のいいカブをみつけたら、即買いするべし~

日本人なら食べてる?そうでもない?

かぶは、日本の野菜の代表格みたいな顔をしているので、日本が原産だと思いがちですが、原産は中央アフリカ付近とされているそうです。 ですが、奈良時代に記述された日本最古の正史である「日本書紀」にも載っているように、古くから日本で栽培されている野菜です。 そのぐらい、日本人にとって馴染みの深い野菜なんですね。 かぶは、根も葉も食べられるので、普通は根も葉もつけて販売しています。 ただ、葉つきのカブは鮮度劣化が非常に早く、一日で葉がフニャフニャ、根もフニャフニャになります。 時期によっては、フニャフニャになったものしか販売していないこともあるので、なかなか使う気になれない野菜かもしれません。

思わずカブっと食べちゃう!

でも、鮮度のいいカブほど美味しいものはないと思います。 よく言うでしょ。思わず食べちゃう野菜だって。カブっ、と。なんちゃって。 冗談でもなんでもなく、とても美味しい野菜なんです。 白い根の部分は、鮮度の高いものは、生でも食べられます。さっと洗えば、皮も剥かなくても食べられます。 葉の部分は、小松菜のように使えます。栄養価は葉の部分のほうが高い(カロテン、ビタミンC、カルシウムなど)ので、葉も残らず使用してもらいたいですね。 おすすめの調理法としては、ゆずとかぶの甘酢漬けです。 ちょうど時期も重なりますし、なにより簡単なので、とても便利ですよ。 鍋物や肉料理の付け合わせにすると、とても美味しく食べられます。

見分け方や食べ方など

かぶはだいたい、大きいものは「かぶら」、小さいものは「こかぶ」と表現しています。大きくなったものは、皮がかたく繊維質なので、煮炊き用に使われます。小さいものは柔らかいので、煮炊きはもちろん、生食などでも大丈夫です。最近では使い道が多い「こかぶ」が多く流通しています。 購入後は、根と葉を切り離して保存しましょう。葉が呼吸することで、根の栄養をズンズン吸い上げて使ってしまいます。