〒919-0465 福井県坂井市春江町江留上新町3 ホープテラスA

TEL / 090-8261-9505

Open 10:00 - Close 19:00

・店舗は毎週土曜日、日曜日のみ営業(臨時休業有り)

・駐車場あり

・オンラインショップは24時間受付。

(大型連休は物流の都合上、配送までに時間がかかる場合があります)

© 2019 八百屋テクテク All rights reserved.









暗い気持ちで次の日を迎えた少年に、
さらなる驚きが待っていた。
岩倉さんが、停学になっていた。
間抜けなことに、それを知ったのは、その日の放課後だった。
前日、先に帰ったことに激怒された少年は、
律儀に教室でひとりで待っていた。
でも、待てど暮らせど彼女は来ない。
迎えにいこうにも、迂闊に彼女の教室に顔を出せば、
またキモイの合唱が待っているだろう。
なので、動きようもなかった。


「よう、坂谷。どうしたんだ。珍しいな。今日は居残りで勉強か?」


部活終わりのクラスメイトの男子が、
教室にぽつんと佇む少年に声をかけてきた。


「ううん……もう、帰るところなんだけど……」


「なんだ? 誰か待ってるのか」


「うん」


「そっか……。ところでお前、ちゃんと返してもらったのか?」


「えっ?」


「数学のノートだよ。岩倉にパクられてただろ」


「えっ、ああ、うん」


「あれから、どうなったんだ」


「うん。ちゃんと、返してもらったよ」


「ああ、そっか。よかったな。
それなら、ほんと、よかった。
そっかそっか。ヘタすりゃ、返ってこなかったからな」


男子が、大げさにに安心してみせていたので、
少年は違和感をおぼえた。

だから、


「岩倉さんに、なにか、あったの?」


と聞いてみた。

男子は、仰天したらしい。


「はぁっ?」


と大きな声を出した。


「今頃、何言ってんだよ! 
お前、朝のひどい騒動、見てなかったのかよ!」


「何それ?」


「知らねえのかよ。
うちのクラスだって、とくに女子なんか、
朝からずっとその話題ばっかりしてたじゃねえか」


「別のクラスの騒動なんてわからないし、
女子同士の話なんて、普通聞いてないよ」


男子は、なんだこいつは……、という顔をした。
この環境、この雰囲気にあって、
この騒動を知らない人間がいるということが、
この男子には信じられなかった。
騒動をみてなくても、女子の会話を盗み聞きしなくても、
どこからともなく耳に入ってくるはずだった。


「お前な、前から思ってたけど、
無関心もいい加減にしたほうがいいぞ。
女子の会話を盗み聞きしろ、
とまでは言わねえけどよ、
ちょっとは会話に入ってこいよ」


「岩倉さん、どうしちゃったの?」


「ああ、エンコーだよ」


「エンコ?」


「援助交際」


「援助交際、って?」


「おいっ! お前、俺に、
援助交際の説明まで、させるつもりかよ」


「いや、だって……」


はあ……しょうがねえな、
とため息をついて、男子は、少年に、
朝の騒動を解説しはじめた。


「といっても、俺も騒動自体は見てねえんだけどさ」


と前置きをしたが、時間経過によって、
その場にいた全員の証言が纏まっていた。
そのため、男子のする朝の騒動の内容は、
ほとんど完璧な再現だった。



朝のホームルーム直前、岩倉さんが所属するBクラスに、
先生たち数名が入ってきた。


「今から名前を呼ばれた生徒は、至急、会議室に来なさい」


三人の名前が挙がった。
全員女子だった。その中に、岩倉さんの名前もあった。
名前を呼ばれた全員は、
なぜ呼ばれたのかを瞬時に悟ったらしい。
同時に、反発した。


「もうすぐ授業でしょ。後にしてください」


「いいから、来い」


「嫌です!」


先生は、ひとりの女子の腕をつかんで、
無理やり立たせようとした。
女子は発狂した。


「痴漢! 痴漢! 助けて!」


声にならない声を出して、必死に抵抗する女子。
自分の机はもちろん、
前後左右の生徒の机までひっくり返して、無茶苦茶にした。
手が付けられない、と判断して、
先生のひとりは、職員室に電話をして応援を呼んだ。
そのすきを狙って、女子三人は教室から逃走を図った。
それを止めようとした先生の頭を、椅子で殴りつけた。
先生のかけていた眼鏡が吹っ飛んだ。
扉のガラスも割れた。
その間もこの女子たちは、


「痴漢! 痴漢!」


と叫んでいた。

Bクラスの男子たちは、あまりの出来事に、
ただ茫然と成り行きをみているだけだった。
暴れる彼女たちの前に、勇敢に立ち向かったのは、
このクラスの別の女子たち数名だった。


「アンタたち、いい加減にしなさいよ! 
エンコーしてたくせに、見苦しいわよ!」


この一言で、さらに発狂した女子三人は、
顔を真っ赤にして女子たちを殴りつけた。
でも女子たちはそれ以上に、この女子三人を殴りつけた。
どうも、この三人が援助交際をしていたのは、
Bクラスの女子たちの間では周知の事実だったらしい。
ばかりか、この女子三人は、ほかの女子に対して、


「私たちは魅力的だから、大人の男と付き合えるしお金も貰える。
アンタたちは、誰とも付き合えないブス」


という見下しを、日ごろからやっていたらしい。
堪りかねた女子たちの鬱憤が、ここで爆発した。

こうなってしまえば、もうその場にいる先生だけでは止められない。
ほかの先生が到着するまでの間、Bクラスは狂暴が支配した。
事態が収束して、女子三人が連行されていった後は、
教室の中はぐちゃぐちゃで、
倒れていない机のほうが少なかった。
救急車とまではいかなかったけれど、
保健室がBクラスの生徒でいっぱいになった。


「というわけで、エンコーで三人が連れていかれて、
その後戻ってこなかった。停学だそうだ」


「停学か」


「停学、っていうのは、まだ決まった処置じゃないみたいだぞ。
退学になるかもしれない。ってか、ほぼ退学だろうな」


「そっか……」


「だから俺は言ったんだよ。
ノート返してもらってよかったな、って。
あのまま岩倉が学校に来なくなってみろ。
お前のノート、一生返ってこなかったよな」


ははは、と男子は笑ってみせたが、
少年の顔色が冴えないのをみて、首をすくめた。
彼には、少年の顔色が悪い理由など、知る由もない。
男子が去った後も、少年は、ぼーっと、教室に残り続けた。
外はすでに薄暗くなっている。


「岩倉さんに、世界史のノート、返してもらわなくちゃ……」


暗がりの空を仰いで、少年は、ひとりで呟いた。
少年の想いは、誰にも知られることなく、
この闇に溶けてなくなっていくようだった。