〒919-0465 福井県坂井市春江町江留上新町3 ホープテラスA

TEL / 090-8261-9505

Open 10:00 - Close 19:00

・店舗は毎週土曜日、日曜日のみ営業(臨時休業有り)

・駐車場あり

・オンラインショップは24時間受付。

(大型連休は物流の都合上、配送までに時間がかかる場合があります)

© 2019 八百屋テクテク All rights reserved.


序章


「昔は、梅の木がたくさんあったのよ」


グリーンスムージーを音をたてないように、
ちびちび啜る少年。

そのカウンター越しで、風待くだもの店のお姉さんは、
りんごの皮をするすると慣れた手つきで剥いている。
まるで皮むき器でも使っているかのようで、
剥いた皮が、太くも細くもならない。
剥きながら、さっきから、その艶やかな唇を、
軽やかに動かし続けている。


「でも、梅の木って、管理が大変なの。
それに最近では、あまり食べなくなったでしょう? 
だから、みーんな梅の木を切っちゃったの。
昔は梅の産地として、全国的にも有名だったのにね。
とはいっても、みんな生活がかかってるからね。
昔のことをいつまでも、引きずっていてもしょうがない、
っていうのは、わかっているんだけどね」


少年は少年で、さっきから、
はぁ……、と生返事を続けている。

できるなら、話に乗ってあげたい気持ちはある。
でも、今のところ、彼女の話す内容には、
賛成も反対もできるポイントがなかった。
それはそうで、彼は、梅の木の運命など、
気にしたことがなかった。
無理もなかった。
梅の木を、ひな祭りの飾りぐらいでしか見たことがない。


「梅の話、年よりくさいですね」


とは思ったけれど、
まさかそれを口に出していうほどの勇気も発想もなく、
ただ黙って、手元のスムージーに視線を落としてみた。
もともと、このスムージーだって、
飲むつもりもなかった。